マクロレンズで撮る小さな昆虫 大きく写されたその姿に驚く

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

マクロレンズを購入した大きな理由は小さな昆虫を撮影することです。

マクロレンズは接近して等倍で撮影できるため1センチにも満たないミリ単位の小さな昆虫も撮影できます。

GWに突入した4月30日。昨日の大雨が嘘のような五月晴れ。少し肌寒いですが、ハルジオンの花に小さな昆虫たちが来ていましたので、先日購入したTTArtisan 40mm f/2.8Cで撮影しました。

▼TTArtisan 40mm f/2.8CをAmazonで見る


【国内正規品】銘匠光学 TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C 単焦点レンズ (ソニーE, ブラック) 「2年保証付」

小さく動く被写体をマニュアルマクロレンズで撮影するのはとても難しい。接近すればするほどピントが合う範囲が狭くなり、ピント合わせが難しいです。ピーキング機能と拡大ライブビューを駆使して撮影します。

画像はトリミング加工は一切していません。

ハムシの仲間 ニレハムシかな?
ハナアブの仲間
ミツバチ
ハナアブの仲間
ミツバチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
昆虫
スポンサーリンク
yasuu_kusayanをフォローする
楽しもう!デジタルカメラで自然観察

コメント

タイトルとURLをコピーしました