マクロレンズで撮る春の野花 ニワゼキショウ

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ゴールデンウィーク頃から観られる野花のひとつにニワゼキショウがあります。

アヤメ科の多年草で、原産は北アメリカ。明治時代に日本に渡来し、野生化した植物です。

名前の由来はサトイモ科の石菖に似ていることから。

6枚の花弁の奥の方は黄色くなっていて、小型ながらも美しい花です。

下の画像は同じニワゼキショウでも花弁が紫色のもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました