蠅を捕食するオオアメンボ

公園内にある人口の池を泳いでいたオオアメンボ

210mmの望遠レンズをいっぱいにズームして撮影してみました。

カメラはAPS-C機なので、35mm換算の終点距離は315mm。

シャッタースピードは1/400。

なんとかブレずに撮影できました。

なんと蠅を捕まえていた!

家に帰って、PCに取り込んで、確認したところ、オオアメンボの前脚に蠅らしき姿が確認できました。

水面に落ちた蠅を捕まえたのでしょう。

口が注射針のようになっていて、獲物に差し込んで体液を吸います。

科目はカメムシ目/カメムシ亜目/アメンボ科/アメンボ亜科

カメムシの仲間ですね。

オオアメンボは日本最大のアメンボ

オオアメンボは名前の通り日本最大のアメンボです。

一部の県では準絶滅危惧種に指定されています。

http://jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=07150230636

参考:日本のレッドデータ検索システム

 

撮影場所:滋賀県大津市皇子が丘公園

About yasuu_kusayan 7 Articles
ブロガー、ライター、フォトグラファー 滋賀県大津市在住 滋賀県、京都を中心に活動中

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA