公園の冬の使者/ツグミ

近所に大きな自然公園と運動公園があります。

冬になると様々な冬鳥が観察できます。

特に春の訪れが近い2月から3月にかけてはわりと近くで観察することができます。

冬に身近な場所で観察できるツグミ

先週2月2日に撮影したツグミです。

ツグミ

運動公園の芝生の上をちょこちょこ跳ねるように歩いていました。

市街地なので割と人なれしていて、近づいても飛び去ることはありませんでした。

ツグミはシベリア東部からカムチャッカにかけて繁殖し、冬鳥として渡来するのですが、身近で観察できるのは2月から3月にかけての方が多いです。

ツグミは市街地の芝生がある場所で観ることが多いです。

芝生の中に潜む昆虫やミミズなどを捕食しているようです。

斑(まだら)模様のツグミ/トラツグミ

トラツグミ

斑模様のツグミはトラツグミです。
ツグミより少し大きいです。

ツグミと同じ場所で観察できますが、どちらかというと林が多い場所にいることが多いようです。

上の画像はツグミをよく観察できる公園の芝で撮影しています。

日本では留鳥、漂鳥として渡りはせず1年中生息しているようですが、ここ滋賀県あたりでは冬場にしか観ていません。

別名を鵺(ぬえ)と呼ばれ、怖れられた

夜中に鳴くことが多いことから鵺(ぬえ)と呼ばれ気味悪がられたようです。

横溝正史原作の『悪霊島』が映画化されたときに、「鵺の鳴く夜は恐ろしい」というキャッチフレーズが有名になりましたね。

夏のツグミ/クロツグミ

クロツグミ

白黒のツートン模様のツグミがクロツグミです。

画像は2014年4月に滋賀県大津市の公園で撮影したものです。

日本には夏鳥として飛来するようですが、クロツグミを観たのは今までこの1回のみです。

もう一度出会いたいものです。今度はアップで鮮明に撮影したい。


PIXTAで画像を販売しています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です