暑い季節の清涼剤 百日紅の美しい花

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

盛夏を彩る花と言えば、百日紅サルスベリの花ですね。鮮やかなピンクか真っ白の花が咲きます。

百日紅の花 SONY α6500 レンズTTArtisan 40mm f/2.8 MACRO

1つのブロックにたくさんの蕾が集まって、縮れた花弁の花を咲かせます。

スポンサーリンク

花が咲くのは7月から10月

百日紅の花が咲く期間は7月から10月の3か月。その長い花期から百日紅という漢字が付いています。

でも一つ一つの花は咲いたら1日で萎んでしまう一日花。たくさん付いた蕾が長い期間をかけて順番に咲いていくために1本の木で観られる花は長い期間咲いているように見えるのです。

百日紅の木 iphone13で撮影

すべすべした木肌は猿が滑るよう

夏になるとコルク層樹皮が剥がれ落ち、つるっとした木肌が露出します。

木登りしようとする猿が滑り落ちそうなため「サルスベリ」という名が付けられました。しかし、実際に猿が木登りしたら、ちゃんと登ることができるでしょうね。

百日紅の木肌 iphone13で撮影

原産地は中国南部 江戸時代以前に日本へ

百日紅の原産地は中国南部ですが、世界の熱帯各地に分布しています。日本へは江戸時代以前に渡来したそうです。

百日紅の花 SONY α6500 レンズTTArtisan 40mm f/2.8 MACRO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
植物
スポンサーリンク
yasuu_kusayanをフォローする
楽しもう!デジタルカメラで自然観察

コメント

タイトルとURLをコピーしました