カメムシの脱皮後を激写

「カメムシの脱皮後を激写」なんて衝撃的なタイトルですが、ただ単に脱皮後のカメムシを撮影しただけです。

脱皮直後のアカスジキンカメムシ

脱皮殻がシロクロのツートンカラーなので、たぶんアカスジキンカメムシだと思います。

成虫はグリーン地が主体の体色なのですが、脱皮直後だけあってまだ薄黄色です。

どちらかとうと、強烈な臭いを放つために嫌われる昆虫ですが、こうして眺めるとなかなか可愛いもんです。

210mmのレンズで望遠いっぱいで撮影していますが、拡大するとブレていました。

望遠マクロで撮影する際は手振れに注意したいですね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です